ラシックスですっきり!放置すると怖いむくみとは 

ラシックス通販が広まった背景には、むくみに悩むたくさんの女性が・・。

激しいむくみのせいで、脚や顔が太ってみえる
マッサージをしているのに、いつもむくんでいる

自力ではなかなか解消できないむくみ。
そもそも、むくみって何なの?
どうすればスッキリするの?

多くの女性を困らせているむくみについて、詳しくみていきましょう。

むくみはなぜ起こる?

むくむ理由

身体がむくんでいるのは、余分な水分の排出がうまくいっていない状態

正常であれば、余分な水分や老廃物は血液によって静脈やリンパ管に運び込まれ、尿として排出されます。

ところが血流が悪くなったりリンパ管が圧迫されたりすると、水分・老廃物を外に出せず溜めこんでしまうことに・・。

排出されないまま行き場をなくした水分や老廃物が血管から染み出て、細胞のあいだに溜まってしまうのがむくみという症状なのです。

絶対ダメ!むくみの放置

むくみを解消してスッキリボディを目指したい!という人にもっとも気をつけて欲しいのが、セルライトの予防です。

できたむくみはその日のうちに解消!が鉄則。
むくみを放置するとどんどん老廃物が溜まって、増えすぎた老廃物は脂肪に取り込まれてしまいます
皮膚の下で大きくなった脂肪細胞は、セルライトという醜い症状として現れてしまうのです。

セルライトが増えると、肥大化した脂肪のせいで血流が悪化
むくみやすい状態をキープしてしまうという悪循環に陥ってしまうのです・・。

そのむくみ、隠れた病気のせいかも

むくみは、血管内の水分量が増えすぎたときや静脈の流れが滞ってしまったときに起こります。

慢性的なむくみが続いている・むくみ過ぎて痛みを感じるといった人は、何らかの病気の症状として現れているケースが考えられます。

むくみを引き起こす代表的な病気は以下の通り。

心不全
腎不全
下肢静脈瘤
血栓症
肝硬変
膠原病
甲状腺疾患  など

ほかにも、服用中の薬のせいでむくむこともありますし、外科手術によってリンパ節を失くしている場合にはむくみを生じます。

病気が原因で重度のむくみが続いている場合には、利尿作用に優れたラシックスが処方されます。

ラシックスが効果的!むくみ解消テクニック

むくんでパンパンになった脚や顔をスッキリさせたいのなら、ラシックスが効果的。
腎臓に働きかけて、体内に溜まった余分な水分を排出させてくれます。

即効性が高いので、数時間でスッキリ軽い身体に。
尿量が増える=トイレの回数が増えるので、就寝や仕事前の服用は控えておくのがベター
です。

ラシックスで強制的にむくみを解消するのもいいですが、普段からのセルフケアも大切
自分でできること・気軽にトライできそうなことから、生活の中に取り入れてみてくださいね。

利尿剤で水分バランスを整える

ラシックスのほかにも、むくみに効果的な薬があります。

商品名 作用
ラシックス 排尿を増やして、余分な水分や塩分を排出
ルプラック 排尿を増やして、余分な水分や塩分を排出
アルダクトン 尿から血管への水分吸収を抑制して、尿量を増やす
フルイトラン 塩分や水分の血管への吸収を阻害し、尿として排出

すべて医薬品で、通販で買えるのはルプラックだけ(2019年現在)。
ラシックスやフルイトラン、アルダクトンは、病院で処方してもらう必要があります。

セルフケアも忘れずに!

むくみが気になりはじめたら、こまめなケアが大切です。
ライフスタイルを見直して、できることから取り組んでみましょう。

マッサージで血流アップ

セルフマッサージで滞りがちな血流をサポートし、老廃物の排出を促します。
とくに脚は、常に心臓よりも低い位置にあってむくみやすいので念入りに。

足裏のツボ

✔ 足の裏にある湧泉というツボをグッと押し上げる
✔ すねを膝裏までさすりあげる
✔ つま先立ちでかかとの上げ下げを繰り返す

膝の裏、脚のつけ根にはリンパが集まっているので、重点的にほぐしてあげると老廃物の排出がスムーズになります。

着圧ソックスで翌朝スッキリ

寝ているあいだのケア方法として、着圧ソックスの着用がおススメ。
脚に圧力をかけることで、滞っている血液を心臓へ戻す働きを促します。

立って歩くことが多い昼間とずっと横になっている就寝時では脚の状態が違うので、圧力の強さによってソックスを使い分けることが重要なポイント。

摂り過ぎていない?塩分と糖分

血液中の塩分が増えると、血管から周囲の細胞へ水分が染み出しやすくなり、むくみを引き起こしやすくなります。

また糖質を摂り過ぎると、代謝しきれなかった糖質が水分とくっついて脂肪に変性。
顔のむくみの大きな原因となってしまいます。

塩分も糖分も、身体にとっては必要な栄養。少なければいいのではなく、過剰摂取にならないよう気をつけてみてくださいね。